自宅にインターネット回線を開通させる場合必ず光回線の工事が必要になります。
工事には必ず費用が必要になりますが、戸建てと賃貸では若干の違いがあります。
細かい部分はエリアによって違いますが、戸建ての場合は光回線の工事に2万円ほど必要になり、賃貸の場合は1万5千円ほど必要になります。

なぜ違いがあるのかというと、戸建ては光回線を屋外から宅内に新設する必要があるからで、賃貸の場合は屋外から賃貸内にある設備まで引き込むからです。
マンションや賃貸物件の場合は他の入居者が既に利用していた場合、新設工事が必要ないため工事費用が割安になる場合があります。
既にマンション内および賃貸物件内に光回線が引き込まれているかを確認したいのであれば、回線事業者に相談をしてみると良いでしょう。
専用の端末で現在の状況を教えてくれるため、参考にすると良いです。

なお、光回線の工事費用がかからないという場合もあります。
いくつかパターンがありますが、最も多いのはキャンペーンの加入による割引です。
家電量販店では新規にインターネット回線の契約をすることで家電製品の価格が割引されるキャンペーンがあります。
そのキャンペーン内には工事費が無料になる内容も含まれているので、契約時に一度確認することをおすすめします。
店舗スタッフに確認をすれば30分以内に工事費が無料になるのかを確認出来ます。

光回線の工事費用は住宅状況によって大きく異なります。
隣同士にあるマンションであっても、工事内容が全く違うこともあるので、正直なところ回線事業者に確認しないと詳細な費用はわかりません。
様々なパターンがあって相場通りに行かないこともあるので、事前に情報を収集することも大事です。
幸いなことにインターネット上には様々なパターンの工事内容の詳細を載せているブログ等があります。
そこに載っている情報がすべてではありませんが、とても参考にすることが可能です。
自分が住んでいる住宅や物件に近い環境を見つけたら、その費用について調べておきましょう。
そして最終的に回線事業者に問い合わせをすると正確な工事費用を知ることが出来ます。
いずれにしても環境によって費用は大きく異なることに間違いありません。
全国には様々な物件があるので、キャンペーン等を利用して無料に出来ないのであれば事前に確認をしておくと良いでしょう。
とはいっても現在は何かしらのキャンペーンに加入することになるので無料なことが多いです。